浮世絵で見る目黒

第1回 目黒 元不二〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:祐天寺なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

富士に登って富士を見る?

こんにちは、大江戸さん。文化部の祐天寺です。今度都内版で「浮世絵で見る江戸・目黒界隈」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。

おおっ、これは「獺祭(だっさい)」の大吟醸じゃないの!蔵元は山口の旭酒造だ。ここの酒は濁り酒も旨いんだ。いやぁ、これはなかなか手に入らないんだよ。ニホンカワウソ(獺) もいなくなっちゃったし。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「浮世絵で見る江戸・目黒界隈」っていうテーマです。江戸時代の目黒を描いた浮世絵を見ながら、その頃の東京を振り返ろうっていう…。

浮世絵ねぇ。江戸を描いた浮世絵と言えば広重か北斎か、通好みなら国芳か…。ちょうどいただいた北斎、じゃなくて白菜漬けがあるから、こいつを肴にまずは一杯やってからだな。大吟醸はさぁ、常温じゃ持たないから、開けたら飲みきらないとね。

まだ仕事前じゃないですか。今から飲んじゃって大丈夫かなぁ…。


大丈夫に決まってんだろ。どれどれ、浮世絵を探すかぁ。江戸ならやっぱり広重の「江戸百(名所江戸百景)」だろうな。その中で目黒と言えばこれだ。「目黒 元不二」(写真左)ね。

ふ〜ん。これが昔の目黒?遠くに見えるのは富士山よね。でも、手前にある小さな山も富士山みたいな…。

要するにだな、遠くに見えるのが本物で手前のがミニチュア。つまり天然富士山と人工富士山を一緒に描いたという、なかなか洒落た構図だ。

えっ、人工富士山? そんなものがあったの? どのへんに?


東横線代官山トンネルの南側に高台があって、線路沿いにコンクリートで固められた斜面が見える。ここは昔から小高い丘陵地だった。その丘にミニ富士山があったんだけど、昭和18年に崩されて、今はキングホームズという高級マンションになっているよ。

ああ、そういえば駒沢通りから旧山手通りに入るときに緑の丘が見えるわね。あそこかぁ。

北側には旧朝倉邸やヒルサイドテラスに話題の蔦谷書店、南側には目黒川の桜が一望できる。上の階に住んでいれば、今でも眺めのいい場所だろうな。浮世絵を見ると、昔はこの丘で花見もできたようだね。

でも、どうしてあんなところにミニ富士山を造ったのかなぁ。


ミニ富士山は別に目黒じゃなくてもいろんな所にあったし、今でも都内にたくさん痕跡が残っているよ。正式には「富士塚」というんだ。これは一種の山岳信仰で、富士山を神様にみたたて信仰するわけ。

ははぁ。っていうことは、富士山そのものがご神体なわけ? 確かに富士山って神々しい感じがするもんねぇ。

富士山信仰は、少なくとも平安時代にはあったらしい。信西が編集した『本朝世紀』には、末代(まつだい)という僧が久安5年(1149年)に、富士山頂に大日寺を建立したという記述がある。

信西って、大河ドラマ「平清盛」で阿部サダヲが演じてた人でしょ。

信西ってそういうイメージかい。まぁ、一応正式な朝廷の記録だからね。あの時代に富士山頂に寺を造るっていうのは、材料を運ぶだけでも、もの凄く大変だったと思うよ。でも、清盛は海の上に厳島神社を建てたわけだから、不可能とは言えないけど。

重いものを背負って富士登山するのも、修行のひとつなのかもよ。


いい加減な答えにしては、なかなかいい読みだね。実は末代の教えは、その後修験道に発展していくんだ。富士山を修行の場とする修験道を「富士修験」「村山修験」なんて呼ぶんだけど、そもそも修験道というのは奈良時代の役小角を開祖とする日本独自の宗教なんだ。仏教をベースに、山岳信仰、道教、陰陽道なんかが渾然一体となっている。行者たちは山に伏して修行するから「山伏」とも言う。

山に籠もって修行するっていうのは何となくわかるけど、いったい何のためにやるの?

要は厳しい修行に耐えることで「験力」という超人的なパワーを身につける。そしてそのパワーによって苦しむ民衆を救うということだな。激しい修行を経た者だけが悟りを開けるという小乗仏教の思想がもとになっているんだろうね。
仏教のことはいまいちよくわからないけど、富士山以外でもそういう信仰があったの?

全国で「霊峰」とか「霊山」と呼ばれているのは全部そうだ。北は青森の恐山から南は熊本の阿蘇山までね。でも、別格中の別格が和歌山の熊野三山だな。江戸時代の民間信仰では、伊勢神宮を参拝する「お伊勢参り」が最もメジャーだったけど、平安時代から室町頃までは熊野詣でが一番人気だった。山伏と言えば歌舞伎の『勧進帳』を思い出すだろ。
弁慶が義経を叩いちゃって泣く話ね。


何だかキミが言うと凄くつまらない話に聞こえるなぁ。義経一行が奥州藤原氏を頼って平泉に行く際に、頼朝の追っ手にバレないように山伏に変装するだろ。つまり、山伏というのはそのくらい普通に街道を往来していたということだ。
そうかぁ。その頃山伏人口は結構多かったんだ。


実はその義経を庇護した平泉の藤原秀衡が、40歳を過ぎた頃、子供を授かったお礼詣りに懐妊した妻を連れて熊野詣でをしたという言い伝えがある。この時代、平泉から熊野というのは気の遠くなるような距離だったと思うけど、それでも行きたいと思うほど強い信仰心というか、憧れがあったんだろうな。
<続きは次回>

ページトップへ戻る